• 朝日幼稚園

9月の園だより「仲良しの秘訣」

最終更新: 2020年10月5日

夏休みが終わり心機一転、二学期の始業式を迎えました。

二学期からは数名の転入園児を迎え、一学期よりも少しだけにぎやかに保育を開始することが出来ています。

その中で、始業式に初登園した子が在園児ととても仲良く遊んでいる姿に、私は非常に驚かされました。

まるで今までもこの幼稚園に在籍していたかのように、とてもよく馴染んでいるのです。


よく様子を見ていると、すぐに仲良しになれた秘訣は、子どもたちのコミュニケーションの仕方にあることに気づきました。

彼らは「〇〇ちゃん、こっちで一緒に遊ぼ!」とか「〇〇ちゃん、このおもちゃ好き?」というように、まず新しいお友達の名前を覚えて呼び、相手のことを知ろうとしていたのです。

幼稚園児に限らず大人であっても、新しく来た人を上手に受け入れるのは相当難しいものです。

大人向けの集会でさえ、古参メンバーが内輪で盛り上がり、初参加者が一人でうつむいている様子を何度も見たことがあります。


コミュニケーションは、互いを認め合い、互いに思いやることから始まります。

相手を受け入れることが出来なければ、健全なやりとりを育むことは難しいでしょう。

この点において、朝日幼稚園の子どもたちは、大人に引けを取らないほど素敵なやりとりを

実行していたのです。

この子どもたちの素敵な賜物を、豊かに育む保育が出来る二学期にしてゆきたいと願っています。


📖聖句

「命の泉はあなたにあり あなたの光に、わたしたちは光を見る。」

詩編36編10節

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月の園だより「分かち合う関係」🍰

おおい町にある「若州一滴文庫」に行った時のこと。創設者である作家の水上勉が、自身の幼少期の思い出を語っている映像を見る機会がありました。水上氏曰く、「自分は極貧の家に育ったので、食事は一匹の魚を家族で分け合って食べた。兄弟が5人もいたのでいつも不満だったけれど、今思い出してみると母は何も食べていなかった……。」遠くを見つめる水上氏の目は、子どもを優先する母の愛の大きさをなぞっているかのようでした。

6月の園だより「小さなおみやげ」🌱

春も終わりに近づき、植物が一番元気になる季節がやってきました。私の家では春先に植えた藤の種がやっと芽吹き、初々しい小さな葉っぱを広げています。小さな命が健やかに育ってゆく様子を見うるのは、本当に幸せなことだと思います。 実はこの種は、私が休日にある公園に遊びに行ったとき、駐車場に生えていた野生の藤から拾ったものです。パシッ!バラバラ……という音がするのでびっくりして顔を上げてみると、頭上から次々と

5月の園だより「コロナ」😷

去る4月25日、三度目の緊急事態宣言が発出され、京都府に属する舞鶴市も対象地域になりました。私たちは再度不自由な生活を強いられていますが、その中でやはり気になるのは子どもたちのことです。 私は以前からマスク着用が子どもたちの発達に影響があるのではないかと懸念していたのですが、やはり最近になって「マスク着用による子どもの発達への影響」が指摘されるようになってきました。脳科学者や教育学者によれば、子ど