9月の園だより「仲良しの秘訣」

夏休みが終わり心機一転、二学期の始業式を迎えました。

二学期からは数名の転入園児を迎え、一学期よりも少しだけにぎやかに保育を開始することが出来ています。

その中で、始業式に初登園した子が在園児ととても仲良く遊んでいる姿に、私は非常に驚かされました。

まるで今までもこの幼稚園に在籍していたかのように、とてもよく馴染んでいるのです。


よく様子を見ていると、すぐに仲良しになれた秘訣は、子どもたちのコミュニケーションの仕方にあることに気づきました。

彼らは「〇〇ちゃん、こっちで一緒に遊ぼ!」とか「〇〇ちゃん、このおもちゃ好き?」というように、まず新しいお友達の名前を覚えて呼び、相手のことを知ろうとしていたのです。

幼稚園児に限らず大人であっても、新しく来た人を上手に受け入れるのは相当難しいものです。

大人向けの集会でさえ、古参メンバーが内輪で盛り上がり、初参加者が一人でうつむいている様子を何度も見たことがあります。


コミュニケーションは、互いを認め合い、互いに思いやることから始まります。

相手を受け入れることが出来なければ、健全なやりとりを育むことは難しいでしょう。

この点において、朝日幼稚園の子どもたちは、大人に引けを取らないほど素敵なやりとりを

実行していたのです。

この子どもたちの素敵な賜物を、豊かに育む保育が出来る二学期にしてゆきたいと願っています。


📖聖句

「命の泉はあなたにあり あなたの光に、わたしたちは光を見る。」

詩編36編10節

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、