7月の園だより「楽しい夏とするために」🌻

 短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。

 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、楽しいことずくめの季節が今年もやってきた!という感じではないでしょうか。


 一方で、夏には大きな危険も潜んでいます。それは言うまでもなく「熱中症」の危険に他なりません。熱中症は時として命にもかかわる重大な病気です。気温だけではなく、湿度が高い場合にも汗が蒸発せず熱がこもるため、熱中症は起きやすくなると言われています。


 朝日幼稚園では、先生方がその日ごとの気温・湿度のチェックだけではなく、子どもたち一人一人の様子をチェックし、また共有することで熱中症対策に努めています。しかし同時に、各御家庭においても是非熱中症対策にご協力していただきたいと思います。

 例えば、朝食をしっかりとることや十分な睡眠で、熱中症を防ぎうることが知られています。また、子どもたちは体が小さいため、熱のこもらない服装をすることが対策としてとても有効です。


 楽しいことがいっぱい詰まった夏の日々、みんなで力を合わせて、子どもたちがより楽しいことを沢山経験できる季節にしてゆきたいと思います。


📖聖句

「神のなされることは皆その時にかなって美しい。」 伝道の書 3章11節(口語訳聖書)

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

三ヶ月ほど前の2月の終わりごろのこと、教会の用事で神戸に行く機会がありました。私がお仕えしている東舞鶴教会と親しい関係にある教会が、しばらく無牧(専属の牧師がいないこと)になったので、親しい教会の牧師が代わるがわる日曜日の礼拝を担当することになったのです。 平日の保育の余韻が残る私たちの教会の礼拝室と違い、いかにも教会らしい荘厳な雰囲気の礼拝堂で、牧師である私の前には向かい合うように正装の会衆がズ