7月の園だより「分かち合う関係」🍰

 おおい町にある「若州一滴文庫」に行った時のこと。創設者である作家の水上勉が、自身の幼少期の思い出を語っている映像を見る機会がありました。水上氏曰く、「自分は極貧の家に育ったので、食事は一匹の魚を家族で分け合って食べた。兄弟が5人もいたのでいつも不満だったけれど、今思い出してみると母は何も食べていなかった……。」遠くを見つめる水上氏の目は、子どもを優先する母の愛の大きさをなぞっているかのようでした。


 日本人の価値観の中では、昔から「良い母親=我慢する母親」という方程式が成り立っています。この感性は今なお生き続けているようで、数年前ある絵本作家が作詞した『あたしおかあさんだから』という曲がネットで炎上したことがありました。その理由は「歌詞が自己犠牲を強要しているようだから」だそうで、あるコラムニストはこれを「母性という呪い」とまで表現していました。


 確かに、子育ては子どもを最優先にしなければならないことがあるのは事実です。しかし「子どもが最優先」と「母親は犠牲になるべき」は、必ずしもイコールではないと私は思っています。たとえ現実的にはそうならざるを得ない局面があるにしても、それはあくまで改善の余地のあるベターな状況であって、美しく目標とすべきベストな状況ではないでしょう。


 昨年度の末以来、朝日幼稚園のお誕生会では、園児だけなく職員の誕生日も祝うようになりました。これは私たちが定めたのではなく、園児たちの要望に応えて実現したものです。ある月のお誕生日会の時のこと、ひとつのクラスの子たちがにわかにザワザワし始めました。行って話を聞いてみると、「あのね、私たちの(担任の)先生も、今月お誕生日だよ。一緒にお祝いしたいよ。」と言うのです。


 確かにその通りだ!と思い早速先生もお祝いしたところ、子どもたちは大喜びしてくれました。以来、私たちの園ではなるべく子どもも大人も一緒にお祝いするようにしています。


 「私の分はいいから、お前が食べなさい……」といって我慢をする大人の姿は、もう過去のもの。これからは、大人も子どもと一緒に楽しみながら「おいしいね、楽しいね♪」と喜びを分かち合う関係を築いて行きたいと願っています。


📖聖句

「主の慈しみをとこしえにわたしは歌います。」 詩編 89編2節

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、