6月の園だより「青い小さな折り紙」🟦

 三ヶ月ほど前の2月の終わりごろのこと、教会の用事で神戸に行く機会がありました。私がお仕えしている東舞鶴教会と親しい関係にある教会が、しばらく無牧(専属の牧師がいないこと)になったので、親しい教会の牧師が代わるがわる日曜日の礼拝を担当することになったのです。


 平日の保育の余韻が残る私たちの教会の礼拝室と違い、いかにも教会らしい荘厳な雰囲気の礼拝堂で、牧師である私の前には向かい合うように正装の会衆がズラリと座っています。東舞鶴教会の朗らかで自由な雰囲気に慣れてしまった私にとっては、緊張するのに十分な威圧感です。


 いよいよ讃美歌も終わり、私がお話をするときがやってきました。事前に用意しておいたメモを取り出すため、悟られないよう前を向いたまま上着の胸ポケットに手を入れます。そしていざ話始めようと思いメモに目を送った瞬間、私はとてもビックリしました。……手の中にあったのは、メモではなく青い小さな折り紙だったのです。


 そういえば神戸に行く何週間か前、ある園児に折り紙を貰ったことがありました。子どもが自分の作った作品をくれるのは、これ以上ない親愛の証です。私はそのツル(とその子は言っていました)を大事にポケットにしまっておいたまま、すっかり忘れていたのでした。


 会衆の視線が集まる中でも、青い小さなツルを見ていると、だんだん気持ちが落ち着いてリラックスすることが出来ました。そしてその後も素敵なプレゼントに励まされ、私はなんとかその日の役目を果たすことが出来ました。その子も私自身も気づかないところで、愛のタイムカプセルが胸ポケットに仕掛けられていたのです。


 愛には賞味期限はありません。誰かから貰った愛がすっかり忘れたころになって、どこかで花開くのは珍しいことではないのです。子どもたちからもらった愛にいつも私が強められているように、子どもたちもまた家族やお友だちや先生方から貰った愛が、いつかふとした瞬間に花開くことで、たくましく成長してゆくのではないでしょうか。


📖聖句

「わたしの恵みの業が現れるのは間近い。」 イザヤ書56章1節

最新記事

すべて表示

去る10月22日の土曜日、今年も無事に朝日幼稚園の運動会を開催することが出来ました。今年は何と第70回! どの競技もとても素敵でしたが、その中でも特に私が印象に残ったのは、ひつじ組さんの徒競争の一場面でした。 小さい子たちがどうしても体育館のトラックの真ん中を突っ切ってしまう様子を見て、お兄さんお姉さんの園児たちがコースに沿って人垣を作り、まっすぐ走れるように誘導してくれたのです。コースを守りなが

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、