• 朝日幼稚園

6月の園だより「小さなおみやげ」🌱

 春も終わりに近づき、植物が一番元気になる季節がやってきました。私の家では春先に植えた藤の種がやっと芽吹き、初々しい小さな葉っぱを広げています。小さな命が健やかに育ってゆく様子を見うるのは、本当に幸せなことだと思います。


 実はこの種は、私が休日にある公園に遊びに行ったとき、駐車場に生えていた野生の藤から拾ったものです。パシッ!バラバラ……という音がするのでびっくりして顔を上げてみると、頭上から次々と藤の種が降ってきました。しばらく見ていても拾う人はなく、現にたくさんの種がタイヤに轢かれて割れています。


 どうせ駄目になってしまうのなら子どもたちに見せてあげたいと思い、妻と二人で拾ってみたところ、紙袋いっぱいの種を集めることが出来ました。(通行人の「あの人たちまだ拾ってる……」という視線は、子どもたちを喜ばせたい気持ちが勝って気になりませんでした。)園で子どもたちに見せると、思っていた以上に喜んでくれて、拾っていた時の腰痛が吹き飛んだことを覚えています。


 しかし不思議なことに、「私は3個ちょうだい」、「僕は5個ほしい」といってみんな藤の種をとても欲しがるのですが、たくさん欲しがるわけではないのです。「もっとあげようか?」と訊いても、3個でいいと言って3個だけポケットにそっとしまいます。しかし子どもたちの様子を見ているうちに、なぜたくさん欲しがらないのかという謎は解けました。子どもたちの欲しいといった種の数は、その子の家族の数なのでした。


 大切な人ひとりひとりに一つずつ、今日見つけた素敵なものをあげたい。なんて心優しく慎ましいプレゼントなのでしょうか。必要な分だけで満足し、さらにそれを分かち合うことが出来るのは、大人でもなかなか難しいことです。子どもたちが、この朗らかな気持ちを保ちつつ健やかに成長することが出来るように、いつも願っています。


📖聖句

「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」 マタイによる福音書 5章44節

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月の園だより「コロナ」😷

去る4月25日、三度目の緊急事態宣言が発出され、京都府に属する舞鶴市も対象地域になりました。私たちは再度不自由な生活を強いられていますが、その中でやはり気になるのは子どもたちのことです。 私は以前からマスク着用が子どもたちの発達に影響があるのではないかと懸念していたのですが、やはり最近になって「マスク着用による子どもの発達への影響」が指摘されるようになってきました。脳科学者や教育学者によれば、子ど

4月の園だより「桜の季節」🌸

幼稚園にとって、4月は出会いの季節です。入園式によってあらたに出会う子どもたちを迎え、園の雰囲気は一気に賑やかになります。 入園入学といえば桜の木というイメージがありますが、残念ながら当園には桜の木がありません。そのため、園長からのささやかなお祝いとして、今年は桜の木の苗を鉢植えにして用意することにしました。 植えた苗は予想に反して花芽が少なく、葉っぱばかりになってしまいましたが、それでも頑張って

3月の園だより「愛を撒く人」💗

3月を迎え、今年度も卒園式が近づいてまいりました。私たち幼稚園の職員にとって、この3月は寂しさを感じつつも、それ以上に幸せと喜びを感じる特別な時期です。卒園式とは、子どもたちの日々の小さな成長が、積み重なるといかに大きなものであったかを確認することが出来る日でもあるからです。 私は牧師として、毎週子どもたちに聖書のお話をしてまいりました。聖書には様々なエピソードやメッセージが収録されていますが、そ