6月の園だより「小さなおみやげ」🌱

 春も終わりに近づき、植物が一番元気になる季節がやってきました。私の家では春先に植えた藤の種がやっと芽吹き、初々しい小さな葉っぱを広げています。小さな命が健やかに育ってゆく様子を見うるのは、本当に幸せなことだと思います。


 実はこの種は、私が休日にある公園に遊びに行ったとき、駐車場に生えていた野生の藤から拾ったものです。パシッ!バラバラ……という音がするのでびっくりして顔を上げてみると、頭上から次々と藤の種が降ってきました。しばらく見ていても拾う人はなく、現にたくさんの種がタイヤに轢かれて割れています。


 どうせ駄目になってしまうのなら子どもたちに見せてあげたいと思い、妻と二人で拾ってみたところ、紙袋いっぱいの種を集めることが出来ました。(通行人の「あの人たちまだ拾ってる……」という視線は、子どもたちを喜ばせたい気持ちが勝って気になりませんでした。)園で子どもたちに見せると、思っていた以上に喜んでくれて、拾っていた時の腰痛が吹き飛んだことを覚えています。


 しかし不思議なことに、「私は3個ちょうだい」、「僕は5個ほしい」といってみんな藤の種をとても欲しがるのですが、たくさん欲しがるわけではないのです。「もっとあげようか?」と訊いても、3個でいいと言って3個だけポケットにそっとしまいます。しかし子どもたちの様子を見ているうちに、なぜたくさん欲しがらないのかという謎は解けました。子どもたちの欲しいといった種の数は、その子の家族の数なのでした。


 大切な人ひとりひとりに一つずつ、今日見つけた素敵なものをあげたい。なんて心優しく慎ましいプレゼントなのでしょうか。必要な分だけで満足し、さらにそれを分かち合うことが出来るのは、大人でもなかなか難しいことです。子どもたちが、この朗らかな気持ちを保ちつつ健やかに成長することが出来るように、いつも願っています。


📖聖句

「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」 マタイによる福音書 5章44節

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、