5月の園だより「保育室の床」🧹

新年度が始まって約一か月が経ち、新入園児もすっかり朝日幼稚園の一員として楽しそうに過ごしています。春は心機一転新しいことが始まり、園全体が若返ってゆく季節です。


 さて、そんな春を迎えるにあたり、私どもの園では先生方が保育室の床にワックスをかけ、ピカピカに仕上げてくださいました。私も早速見に行き光を反射する床に感動したのですが、改めて見ると幼稚園の床にはたくさんのドラマがあることに気づかされました。


 子どもたちがおもちゃを落としたであろうヘコミやキズ、お遊戯やゲームのために貼られたテープの跡、あるいはささくれが子どもたちの足に刺さらないように補修されたなごりなど……。日々子どもたちがどのようにここで過ごし、また先生方が見守ってきたのかということを、床全体が記憶しているかのようです。


 そのように考えてみると、保育室の床は幼稚園にとって勲章のようなものではないかと私は思うのです。年を重ねるごとに毎年子どもたちが力いっぱい遊び、補修されワックスが塗り足され、いつか床全体が張り替えられる時まで、素晴らしい時間と想いがここにあることを証明する、ささやかな幼稚園の勲章が保育室の床ではないでしょうか。


 新年度が始まり、これから保育室の床のヘコミやキズやテープの跡は、より一層増えてゆくことでしょう。これからそれぞれの保育室でどんな素敵なことが起こるのかを楽しみに、新しい月を迎えたいと思っています。


📖聖句

「恐れるな、わたしはあなたを贖う。」 イザヤ書43章1節

最新記事

すべて表示

去る10月22日の土曜日、今年も無事に朝日幼稚園の運動会を開催することが出来ました。今年は何と第70回! どの競技もとても素敵でしたが、その中でも特に私が印象に残ったのは、ひつじ組さんの徒競争の一場面でした。 小さい子たちがどうしても体育館のトラックの真ん中を突っ切ってしまう様子を見て、お兄さんお姉さんの園児たちがコースに沿って人垣を作り、まっすぐ走れるように誘導してくれたのです。コースを守りなが

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、