4月の園だより「桜の季節」🌸

 幼稚園にとって、4月は出会いの季節です。入園式によってあらたに出会う子どもたちを迎え、園の雰囲気は一気に賑やかになります。

入園入学といえば桜の木というイメージがありますが、残念ながら当園には桜の木がありません。そのため、園長からのささやかなお祝いとして、今年は桜の木の苗を鉢植えにして用意することにしました。

 植えた苗は予想に反して花芽が少なく、葉っぱばかりになってしまいましたが、それでも頑張って数えるほどの小さな蕾を付けてくれました。入園式には咲いてくれることを祈りながら、花が咲くことを楽しみにしていたのですが……。


 先日、園庭を歩いていると、ひとりの子が「先生、宝物を見せてあげる!」と言って、おままごと用のお皿を見せてくれました。なんとそこには、キレイな石や葉っぱに混ざって、摘み取られた桜の花が入っていたのです!!

しかしそれを見たとき、不思議なことに私はショックを受けるのではなく、とても嬉しい気持ちになりました。「桜の苗を買ってきたのは、この子に触らせてあげるためだったのか」と思ったからです。


 美しいものを見て触りたいと思うのは、人間の自然な感情であると私は思います。美術館であまりの絵の美しさに、無意識に手を伸ばしてしまったという話を聞いたことがあります。子どもたちもまた、美しいもの、素敵なものには無意識に手を伸ばしてしまうことがあります。よくお店で子どもが品物に触れてしまうのはこのためです。

 桜の花も美しいものですが、なかなか触れる機会はありません。外傷に弱いこともあり、どこか桜の木には触れてはいけない雰囲気があります。散った後の花びらも、すぐに地面に触れて汚くなってしまいます。

 ですから、桜の花を間近でじっくり鑑賞し、手に取り、美しいと思って宝物のお皿に入れて大事に持って帰ったということは、子どもたちにとって非常に有意義な学びの機会になったのではないかと思うのです。


 キリスト教を信じていると、自分の思惑とは別に働く神さまの御心を感じることがあります。自分の行いが思わぬ結果をもたらしたり、想定とは全く異なったもちいられ方をすることがあるのです。今回の桜の苗も、きっと神さまが子どもたちに桜の花を楽しんでもらえるように、私を通して用意なさったものだったのではないでしょうか。


📖聖句

「主の慈しみは世々とこしえに」 詩編103篇17節

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、