• 朝日幼稚園

4月の園だより「桜の季節」🌸

 幼稚園にとって、4月は出会いの季節です。入園式によってあらたに出会う子どもたちを迎え、園の雰囲気は一気に賑やかになります。

入園入学といえば桜の木というイメージがありますが、残念ながら当園には桜の木がありません。そのため、園長からのささやかなお祝いとして、今年は桜の木の苗を鉢植えにして用意することにしました。

 植えた苗は予想に反して花芽が少なく、葉っぱばかりになってしまいましたが、それでも頑張って数えるほどの小さな蕾を付けてくれました。入園式には咲いてくれることを祈りながら、花が咲くことを楽しみにしていたのですが……。


 先日、園庭を歩いていると、ひとりの子が「先生、宝物を見せてあげる!」と言って、おままごと用のお皿を見せてくれました。なんとそこには、キレイな石や葉っぱに混ざって、摘み取られた桜の花が入っていたのです!!

しかしそれを見たとき、不思議なことに私はショックを受けるのではなく、とても嬉しい気持ちになりました。「桜の苗を買ってきたのは、この子に触らせてあげるためだったのか」と思ったからです。


 美しいものを見て触りたいと思うのは、人間の自然な感情であると私は思います。美術館であまりの絵の美しさに、無意識に手を伸ばしてしまったという話を聞いたことがあります。子どもたちもまた、美しいもの、素敵なものには無意識に手を伸ばしてしまうことがあります。よくお店で子どもが品物に触れてしまうのはこのためです。

 桜の花も美しいものですが、なかなか触れる機会はありません。外傷に弱いこともあり、どこか桜の木には触れてはいけない雰囲気があります。散った後の花びらも、すぐに地面に触れて汚くなってしまいます。

 ですから、桜の花を間近でじっくり鑑賞し、手に取り、美しいと思って宝物のお皿に入れて大事に持って帰ったということは、子どもたちにとって非常に有意義な学びの機会になったのではないかと思うのです。


 キリスト教を信じていると、自分の思惑とは別に働く神さまの御心を感じることがあります。自分の行いが思わぬ結果をもたらしたり、想定とは全く異なったもちいられ方をすることがあるのです。今回の桜の苗も、きっと神さまが子どもたちに桜の花を楽しんでもらえるように、私を通して用意なさったものだったのではないでしょうか。


📖聖句

「主の慈しみは世々とこしえに」 詩編103篇17節

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

10月の園だより「生き生きとした姿」✨

日本で最も有名なアニメの一つである『サザエさん』について、「登場人物の表情がいつも一緒だ」と思ったことはないでしょうか。それもそのはず、サザエさんのアニメは毎週絵を新たに描き下ろすのではなく、すでにあるイラストをトレース(透かしてなぞること)した絵を組み合わせて描いているそうです。 先日あるテレビ番組でこの話を知ったとき、私はずっと不思議に思っていた疑問が解決しました。以前から、「なぜサザエさんの

9月の園だより「喜びを見つけながら」📖✨

8月も終わりを迎え、二学期が始まろうとしています。 しかし先週末以来再び緊急事態宣言が発出され、どこか清々しさの欠けた新学期のスタートとなってしまったことは否めません。おそらく、「また毎朝感染症対策を頑張る日々が始まるのか……」という気持ちの保護者の方もおられることと思います。 思えば、初めてコロナウイルスに関するニュースが報じられたのが昨年の1月6日。それ以来1年9か月に渡って私たちは不安な毎日

7月の園だより「分かち合う関係」🍰

おおい町にある「若州一滴文庫」に行った時のこと。創設者である作家の水上勉が、自身の幼少期の思い出を語っている映像を見る機会がありました。水上氏曰く、「自分は極貧の家に育ったので、食事は一匹の魚を家族で分け合って食べた。兄弟が5人もいたのでいつも不満だったけれど、今思い出してみると母は何も食べていなかった……。」遠くを見つめる水上氏の目は、子どもを優先する母の愛の大きさをなぞっているかのようでした。