4月の園だより「新たな季節に」🌸

 入園児の保護者のみなさま、ご入園おめでとうございます。また在園児の保護者のみなさま、ご進級おめでとうございます。春は新しい節目を迎える中で、子どもたちの成長に目を向ける季節です。この機会に制服を買いそろえるとき、あるいは上履きを買い替えたり、小さくなったクレヨンを買いなおすとき、私たちは子どもたちの成長の早さ、また過ごしてきた時間の密度の濃さに驚かされます。


 成長は見える部分だけではありません。入園児の保護者の方は、登園してゆく子の後ろ姿が、毎日頼もしくなってゆくことにこれから驚かれることでしょう。また在園児の保護者の方は、子どもたちがどんどんお兄さんお姉さんになり、下の学年の子たちから憧れの眼差しを向けられている様子をご覧になることでしょう。


 その中で、皆さまには是非「今の子どもたちの姿」を覚えていていただきたいと私は願っています。子どもたちはどんどん成長してゆき、あっという間にまた次の春がやってきます。その時に、一年前の春を思い出し、小さなかばんを一生懸命運んでいた姿を、また進級して新たなチャレンジに張り切っていた姿を思い出し、成長に驚きながら喜ぶことが出来るように、是非、今の子どもたちの姿を忘れないでいてください。


 子どもたちをお預かりする私たちも、春は再び気持ちを引き締めて、新たな気持ちで保育にあたる季節です。日当たりのよい柔らかな土の上に落ちたドングリがすくすくと芽を出し、四方八方に枝を伸ばしてゆくように、子どもたちが健やかに成長してゆくことが出来る環境づくりを目指して、職員一同力を合わせて、楽しく頑張ることが出来ればと願っています。


📖聖句

「新しい歌を主に向かって歌え。」

詩編 96編1節

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、