3月の園だより「新たな一歩」⛄️

 寒い冬も終わりが近づき、今年度もいよいよ最後の月を迎えようとしています。思い返せば瞬く間に過ぎた一年間でしたが、子どもたちの姿を見ると、その成長の著しさに一年間という時間の大きさを知ることが出来る気がします。


 4月に入園したばかりのころ、まだまだ幼く自分のこともままならなかった子たちが、先日の雪の日、お互いの頭に積もった雪を払い合ってあげていました。子どもたちが健やかに育ってゆく様子を見られるのは、私たちにとって本当にうれしいことです。


 特に3月は幼稚園にとって、卒園式という大切なイベントに備える時です。思えば、私たち幼稚園職員の働きは、この日のために日々少しずつ積み上げているのだと言っても過言ではないでしょう。子どもたちが幼稚園から巣立ってゆくことは私たちにとってさみしくもありますが、しかし子どもたち一人ひとりが新しいステップを踏み出す時、ワクワクしながら自信をもって踏み出すことが出来るように、幼稚園の先生たちは毎日「今しかできないこと」を積み重ねてきたのではないかと思うのです。


 これから卒園児たちは、「幼児」から「児童」へと大きな成長の一歩を踏み出すことになります。いままでご家庭や幼稚園の中で、たくさんの愛情と刺激をたっぷり吸収した子どもたちが、今度は外に向かって自分の力を発揮するようになってゆくことでしょう。


 私たちが愛する子どもたち一人ひとりの上にこれからも健やかに成長し、素晴らしい毎日がそなえられていることを、いつもいつまでもお祈りしています。


📖聖句

「あなたがどこに行ってもあなたの神、主は共にいる。」

ヨシュア記 1章9節

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、