• 朝日幼稚園

3月の園だより「愛を撒く人」

 3月を迎え、今年度も卒園式が近づいてまいりました。私たち幼稚園の職員にとって、この3月は寂しさを感じつつも、それ以上に幸せと喜びを感じる特別な時期です。卒園式とは、子どもたちの日々の小さな成長が、積み重なるといかに大きなものであったかを確認することが出来る日でもあるからです。


 私は牧師として、毎週子どもたちに聖書のお話をしてまいりました。聖書には様々なエピソードやメッセージが収録されていますが、その根本にあるのは「神さまは私たちを愛しておられる」というただ一つのことに他ならないのです。


 最後の晩餐のとき、十字架の死を前にしたイエス・キリストは弟子たちに対して、「互いに愛し合いなさい」と仰いました。


あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。

わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。

互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、

皆が知るようになる。

(ヨハネによる福音書13:34~35)

 愛されていることを知るから、私たちは愛することが出来るようになります。そして愛することが出来るということこそが、クリスチャンであることの何よりの証明なのです。

 今、イエス様に愛されて愛情豊かに育った子どもたちは、これから赴く先々で愛を伝えることが出来る、素晴らしい人になってゆくことでしょう。そしてその働きが積み重なり、世界は変わってゆくのです。

 愛と恵みを豊かに受けて巣立ってゆく子どもたち一人ひとりの上に、神さまの豊かな祝福があることを、いつもお祈りしています。


📖聖句

「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」 ヨハネによる福音書13章34節

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月の園だより「先生、見てて」

先日、健康診断の結果をかかりつけのお医者さんに見ていただいたところ、運動をするように厳しく命じられたため、休憩時間に1日5分の縄跳びを実践するようにしています。一人で縄跳びをしている私の姿を見ると、子どもたちも縄跳びに参加してくれるので、みんなで縄跳びをしたり、一緒に園庭で遊ぶといった機会も増えるようになりました。子どもたちと楽しく過ごしながら健康も維持できるとは、まさに一石二鳥であると思います。

1月の園だより「注意して楽しむ」

クリスマスから年始にかけて舞鶴では雪が降り、私たちは銀世界と雪遊びを楽しむことが出来ました。雪だるまを作ったり雪合戦をしたりと、冬らしい遊びが出来た豊かなひとときでしたが、東京では連日1000人以上の新型コロナ感染者が確認され緊急事態宣言が発出されるなど、舞鶴とは打って変わって日々加速度的に状況が悪化しています。 都会の状況は、舞鶴で暮らす私たちにも無関係ではありません。離れて都会に住む家族の健康

12月の園だより「クリスマスは異文化交流」

クリスマスが近づき、すでに私たちの園では降誕劇の準備が始まっています。今年はコロナウイルスの影響下でのクリスマス会となりますが、感染防止に最大限の注意を払いつつも、例年と同じように楽しいイベントとなるように、職員一同知恵を絞っているところです。 数あるイベントの中でも、最もキリスト教らしいと思われているこのクリスマスですが、由来を辿ってみると意外にキリスト教以外の影響が残っていることに驚かされます

学校法人舞鶴基督学園 幼保連携型認定こども園 朝日幼稚園

〒625-0036 京都府舞鶴市字浜796(六条朝日角)

TEL:0773-62-1874/0773-60-1987

FAX:0773-62-7033

Copyright © ASAHI KINDERGARTEN All rights reserved.