• 朝日幼稚園

3月の園だより「愛を撒く人」💗

最終更新: 5月7日

 3月を迎え、今年度も卒園式が近づいてまいりました。私たち幼稚園の職員にとって、この3月は寂しさを感じつつも、それ以上に幸せと喜びを感じる特別な時期です。卒園式とは、子どもたちの日々の小さな成長が、積み重なるといかに大きなものであったかを確認することが出来る日でもあるからです。


 私は牧師として、毎週子どもたちに聖書のお話をしてまいりました。聖書には様々なエピソードやメッセージが収録されていますが、その根本にあるのは「神さまは私たちを愛しておられる」というただ一つのことに他ならないのです。


 最後の晩餐のとき、十字架の死を前にしたイエス・キリストは弟子たちに対して、「互いに愛し合いなさい」と仰いました。


あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。

わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。

互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、

皆が知るようになる。

(ヨハネによる福音書13:34~35)

 愛されていることを知るから、私たちは愛することが出来るようになります。そして愛することが出来るということこそが、クリスチャンであることの何よりの証明なのです。

 今、イエス様に愛されて愛情豊かに育った子どもたちは、これから赴く先々で愛を伝えることが出来る、素晴らしい人になってゆくことでしょう。そしてその働きが積み重なり、世界は変わってゆくのです。

 愛と恵みを豊かに受けて巣立ってゆく子どもたち一人ひとりの上に、神さまの豊かな祝福があることを、いつもお祈りしています。


📖聖句

「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」 ヨハネによる福音書13章34節

80回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月の園だより「分かち合う関係」🍰

おおい町にある「若州一滴文庫」に行った時のこと。創設者である作家の水上勉が、自身の幼少期の思い出を語っている映像を見る機会がありました。水上氏曰く、「自分は極貧の家に育ったので、食事は一匹の魚を家族で分け合って食べた。兄弟が5人もいたのでいつも不満だったけれど、今思い出してみると母は何も食べていなかった……。」遠くを見つめる水上氏の目は、子どもを優先する母の愛の大きさをなぞっているかのようでした。

6月の園だより「小さなおみやげ」🌱

春も終わりに近づき、植物が一番元気になる季節がやってきました。私の家では春先に植えた藤の種がやっと芽吹き、初々しい小さな葉っぱを広げています。小さな命が健やかに育ってゆく様子を見うるのは、本当に幸せなことだと思います。 実はこの種は、私が休日にある公園に遊びに行ったとき、駐車場に生えていた野生の藤から拾ったものです。パシッ!バラバラ……という音がするのでびっくりして顔を上げてみると、頭上から次々と

5月の園だより「コロナ」😷

去る4月25日、三度目の緊急事態宣言が発出され、京都府に属する舞鶴市も対象地域になりました。私たちは再度不自由な生活を強いられていますが、その中でやはり気になるのは子どもたちのことです。 私は以前からマスク着用が子どもたちの発達に影響があるのではないかと懸念していたのですが、やはり最近になって「マスク着用による子どもの発達への影響」が指摘されるようになってきました。脳科学者や教育学者によれば、子ど