• 朝日幼稚園

2月の園だより「先生、見てて」

 先日、健康診断の結果をかかりつけのお医者さんに見ていただいたところ、運動をするように厳しく命じられたため、休憩時間に1日5分の縄跳びを実践するようにしています。一人で縄跳びをしている私の姿を見ると、子どもたちも縄跳びに参加してくれるので、みんなで縄跳びをしたり、一緒に園庭で遊ぶといった機会も増えるようになりました。子どもたちと楽しく過ごしながら健康も維持できるとは、まさに一石二鳥であると思います。


 みんなで並んで縄跳びをしていると、どの子もみな一様に「先生、見てて!」と言って、縄跳びを頑張る姿を見せてくれます。そして傍でその姿を見ていると、とても満足した様子でニコニコしてくれるのです。何かを教えたわけでも、褒めちぎったわけでもありません。ただ傍にいて、見ていただけ。しかしそれだけで子どもたちは満足なのです。


 二度目の緊急事態宣言が発出されて早2週間、おもちつき大会も延期になり、おひさま広場も休止し、特別なイベントどころか通常の保育さえ実施することが難しくなりつつあります。ともすれば、「一緒に食べる」や「触れ合う」といった、保育の根幹にかかわることさえ出来なくなる日がやってくるかもしれません。


 しかしその中でどんな状況になろうとも、最後までできること。そして子どもたちが健やかに育つうえで、一番大切なこと。それが「傍で見ている」ということではないでしょうか。信頼する大人が見ていてくれるという安心感と、頑張り切って顔を上げたとき、誰かが微笑み返してくれるという満足感。それが子供たちの自信になり、自己肯定感になってゆくのでしょう。


📖聖句

「わたしは主の道を守り、わたしの神に背かない。」 詩編18編22節

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月の園だより「分かち合う関係」🍰

おおい町にある「若州一滴文庫」に行った時のこと。創設者である作家の水上勉が、自身の幼少期の思い出を語っている映像を見る機会がありました。水上氏曰く、「自分は極貧の家に育ったので、食事は一匹の魚を家族で分け合って食べた。兄弟が5人もいたのでいつも不満だったけれど、今思い出してみると母は何も食べていなかった……。」遠くを見つめる水上氏の目は、子どもを優先する母の愛の大きさをなぞっているかのようでした。

6月の園だより「小さなおみやげ」🌱

春も終わりに近づき、植物が一番元気になる季節がやってきました。私の家では春先に植えた藤の種がやっと芽吹き、初々しい小さな葉っぱを広げています。小さな命が健やかに育ってゆく様子を見うるのは、本当に幸せなことだと思います。 実はこの種は、私が休日にある公園に遊びに行ったとき、駐車場に生えていた野生の藤から拾ったものです。パシッ!バラバラ……という音がするのでびっくりして顔を上げてみると、頭上から次々と

5月の園だより「コロナ」😷

去る4月25日、三度目の緊急事態宣言が発出され、京都府に属する舞鶴市も対象地域になりました。私たちは再度不自由な生活を強いられていますが、その中でやはり気になるのは子どもたちのことです。 私は以前からマスク着用が子どもたちの発達に影響があるのではないかと懸念していたのですが、やはり最近になって「マスク着用による子どもの発達への影響」が指摘されるようになってきました。脳科学者や教育学者によれば、子ど