• 朝日幼稚園

2月の園だより「先生、見てて」

 先日、健康診断の結果をかかりつけのお医者さんに見ていただいたところ、運動をするように厳しく命じられたため、休憩時間に1日5分の縄跳びを実践するようにしています。一人で縄跳びをしている私の姿を見ると、子どもたちも縄跳びに参加してくれるので、みんなで縄跳びをしたり、一緒に園庭で遊ぶといった機会も増えるようになりました。子どもたちと楽しく過ごしながら健康も維持できるとは、まさに一石二鳥であると思います。


 みんなで並んで縄跳びをしていると、どの子もみな一様に「先生、見てて!」と言って、縄跳びを頑張る姿を見せてくれます。そして傍でその姿を見ていると、とても満足した様子でニコニコしてくれるのです。何かを教えたわけでも、褒めちぎったわけでもありません。ただ傍にいて、見ていただけ。しかしそれだけで子どもたちは満足なのです。


 二度目の緊急事態宣言が発出されて早2週間、おもちつき大会も延期になり、おひさま広場も休止し、特別なイベントどころか通常の保育さえ実施することが難しくなりつつあります。ともすれば、「一緒に食べる」や「触れ合う」といった、保育の根幹にかかわることさえ出来なくなる日がやってくるかもしれません。


 しかしその中でどんな状況になろうとも、最後までできること。そして子どもたちが健やかに育つうえで、一番大切なこと。それが「傍で見ている」ということではないでしょうか。信頼する大人が見ていてくれるという安心感と、頑張り切って顔を上げたとき、誰かが微笑み返してくれるという満足感。それが子供たちの自信になり、自己肯定感になってゆくのでしょう。


📖聖句

「わたしは主の道を守り、わたしの神に背かない。」 詩編18編22節

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

1月の園だより「注意して楽しむ」

クリスマスから年始にかけて舞鶴では雪が降り、私たちは銀世界と雪遊びを楽しむことが出来ました。雪だるまを作ったり雪合戦をしたりと、冬らしい遊びが出来た豊かなひとときでしたが、東京では連日1000人以上の新型コロナ感染者が確認され緊急事態宣言が発出されるなど、舞鶴とは打って変わって日々加速度的に状況が悪化しています。 都会の状況は、舞鶴で暮らす私たちにも無関係ではありません。離れて都会に住む家族の健康

12月の園だより「クリスマスは異文化交流」

クリスマスが近づき、すでに私たちの園では降誕劇の準備が始まっています。今年はコロナウイルスの影響下でのクリスマス会となりますが、感染防止に最大限の注意を払いつつも、例年と同じように楽しいイベントとなるように、職員一同知恵を絞っているところです。 数あるイベントの中でも、最もキリスト教らしいと思われているこのクリスマスですが、由来を辿ってみると意外にキリスト教以外の影響が残っていることに驚かされます

11月の園だより「感染症対策下での運動会」

10月は幼稚園にとっては楽しい行事の多い月であり、中でも運動会はクリスマスと並ぶ、朝日幼稚園2大イベントのひとつであるということが出来るでしょう。 今年度の運動会は感染症の影響により、残念ながら例年のようなたくさんの人を招いて行うプログラムは、実施することが出来ませんでした。しかし一方で、大変見応えある運動会を執り行うことが出来たのもまた事実です。これもひとえに先生方が一生懸命知恵を絞り、考え抜い

学校法人舞鶴基督学園 幼保連携型認定こども園 朝日幼稚園

〒625-0036 京都府舞鶴市字浜796(六条朝日角)

TEL:0773-62-1874/0773-60-1987

FAX:0773-62-7033

Copyright © ASAHI KINDERGARTEN All rights reserved.