• 朝日幼稚園

11月の園だより「感染症対策下での運動会」

10月は幼稚園にとっては楽しい行事の多い月であり、中でも運動会はクリスマスと並ぶ、朝日幼稚園2大イベントのひとつであるということが出来るでしょう。


今年度の運動会は感染症の影響により、残念ながら例年のようなたくさんの人を招いて行うプログラムは、実施することが出来ませんでした。しかし一方で、大変見応えある運動会を執り行うことが出来たのもまた事実です。これもひとえに先生方が一生懸命知恵を絞り、考え抜いてくださった結果であると私は思っています。


特に、子どもたちが自分のペースで出し物を楽しみ、一人ひとりが大切にされているという意味では、例年以上の素晴らしい運動会であったと言って過言ではないでしょう。事実、何人かの方は、「今年の運動会はいつもよりも素晴らしかった」と仰っていました。


「ピンチはチャンス」という言葉があるように、思わぬアクシデントは対処の仕方次第で飛躍のきっかけとなることがあります。しかし、誰でも「ピンチをチャンス」に出来るわけではありません。「ピンチをチャンス」にするためには、機転を利かせる発想力と、アイディアを実行にうつすための経験と実力、さらには全体を調和させるチームワークが求められるのです。


私たちの幼稚園は、まさにこの難しい課題を見事に乗り越え、例年以上の運動会を実現することが出来ました。

私は朝日幼稚園の先生方に、心から拍手を送りたいと思います。



📖聖句

「主に望みをおく人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る。」

イザヤ書40:31

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

6月の園だより「小さなおみやげ」🌱

春も終わりに近づき、植物が一番元気になる季節がやってきました。私の家では春先に植えた藤の種がやっと芽吹き、初々しい小さな葉っぱを広げています。小さな命が健やかに育ってゆく様子を見うるのは、本当に幸せなことだと思います。 実はこの種は、私が休日にある公園に遊びに行ったとき、駐車場に生えていた野生の藤から拾ったものです。パシッ!バラバラ……という音がするのでびっくりして顔を上げてみると、頭上から次々と

5月の園だより「コロナ」😷

去る4月25日、三度目の緊急事態宣言が発出され、京都府に属する舞鶴市も対象地域になりました。私たちは再度不自由な生活を強いられていますが、その中でやはり気になるのは子どもたちのことです。 私は以前からマスク着用が子どもたちの発達に影響があるのではないかと懸念していたのですが、やはり最近になって「マスク着用による子どもの発達への影響」が指摘されるようになってきました。脳科学者や教育学者によれば、子ど

4月の園だより「桜の季節」🌸

幼稚園にとって、4月は出会いの季節です。入園式によってあらたに出会う子どもたちを迎え、園の雰囲気は一気に賑やかになります。 入園入学といえば桜の木というイメージがありますが、残念ながら当園には桜の木がありません。そのため、園長からのささやかなお祝いとして、今年は桜の木の苗を鉢植えにして用意することにしました。 植えた苗は予想に反して花芽が少なく、葉っぱばかりになってしまいましたが、それでも頑張って