• 朝日幼稚園

11月の園だより「感染症対策下での運動会」

10月は幼稚園にとっては楽しい行事の多い月であり、中でも運動会はクリスマスと並ぶ、朝日幼稚園2大イベントのひとつであるということが出来るでしょう。


今年度の運動会は感染症の影響により、残念ながら例年のようなたくさんの人を招いて行うプログラムは、実施することが出来ませんでした。しかし一方で、大変見応えある運動会を執り行うことが出来たのもまた事実です。これもひとえに先生方が一生懸命知恵を絞り、考え抜いてくださった結果であると私は思っています。


特に、子どもたちが自分のペースで出し物を楽しみ、一人ひとりが大切にされているという意味では、例年以上の素晴らしい運動会であったと言って過言ではないでしょう。事実、何人かの方は、「今年の運動会はいつもよりも素晴らしかった」と仰っていました。


「ピンチはチャンス」という言葉があるように、思わぬアクシデントは対処の仕方次第で飛躍のきっかけとなることがあります。しかし、誰でも「ピンチをチャンス」に出来るわけではありません。「ピンチをチャンス」にするためには、機転を利かせる発想力と、アイディアを実行にうつすための経験と実力、さらには全体を調和させるチームワークが求められるのです。


私たちの幼稚園は、まさにこの難しい課題を見事に乗り越え、例年以上の運動会を実現することが出来ました。

私は朝日幼稚園の先生方に、心から拍手を送りたいと思います。



📖聖句

「主に望みをおく人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る。」

イザヤ書40:31

36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

10月の園だより「生き生きとした姿」✨

日本で最も有名なアニメの一つである『サザエさん』について、「登場人物の表情がいつも一緒だ」と思ったことはないでしょうか。それもそのはず、サザエさんのアニメは毎週絵を新たに描き下ろすのではなく、すでにあるイラストをトレース(透かしてなぞること)した絵を組み合わせて描いているそうです。 先日あるテレビ番組でこの話を知ったとき、私はずっと不思議に思っていた疑問が解決しました。以前から、「なぜサザエさんの

9月の園だより「喜びを見つけながら」📖✨

8月も終わりを迎え、二学期が始まろうとしています。 しかし先週末以来再び緊急事態宣言が発出され、どこか清々しさの欠けた新学期のスタートとなってしまったことは否めません。おそらく、「また毎朝感染症対策を頑張る日々が始まるのか……」という気持ちの保護者の方もおられることと思います。 思えば、初めてコロナウイルスに関するニュースが報じられたのが昨年の1月6日。それ以来1年9か月に渡って私たちは不安な毎日

7月の園だより「分かち合う関係」🍰

おおい町にある「若州一滴文庫」に行った時のこと。創設者である作家の水上勉が、自身の幼少期の思い出を語っている映像を見る機会がありました。水上氏曰く、「自分は極貧の家に育ったので、食事は一匹の魚を家族で分け合って食べた。兄弟が5人もいたのでいつも不満だったけれど、今思い出してみると母は何も食べていなかった……。」遠くを見つめる水上氏の目は、子どもを優先する母の愛の大きさをなぞっているかのようでした。