• 朝日幼稚園

11月の園だより「感染症対策下での運動会」

10月は幼稚園にとっては楽しい行事の多い月であり、中でも運動会はクリスマスと並ぶ、朝日幼稚園2大イベントのひとつであるということが出来るでしょう。


今年度の運動会は感染症の影響により、残念ながら例年のようなたくさんの人を招いて行うプログラムは、実施することが出来ませんでした。しかし一方で、大変見応えある運動会を執り行うことが出来たのもまた事実です。これもひとえに先生方が一生懸命知恵を絞り、考え抜いてくださった結果であると私は思っています。


特に、子どもたちが自分のペースで出し物を楽しみ、一人ひとりが大切にされているという意味では、例年以上の素晴らしい運動会であったと言って過言ではないでしょう。事実、何人かの方は、「今年の運動会はいつもよりも素晴らしかった」と仰っていました。


「ピンチはチャンス」という言葉があるように、思わぬアクシデントは対処の仕方次第で飛躍のきっかけとなることがあります。しかし、誰でも「ピンチをチャンス」に出来るわけではありません。「ピンチをチャンス」にするためには、機転を利かせる発想力と、アイディアを実行にうつすための経験と実力、さらには全体を調和させるチームワークが求められるのです。


私たちの幼稚園は、まさにこの難しい課題を見事に乗り越え、例年以上の運動会を実現することが出来ました。

私は朝日幼稚園の先生方に、心から拍手を送りたいと思います。



📖聖句

「主に望みをおく人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る。」

イザヤ書40:31

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

10月の園だより「学びを喜ぶちから」

以前、学習塾で教えていた時のこと、ときどき生徒に「先生、この勉強っていつ役に立つんですか?」と尋ねられることがありました。確かに、連立方程式も、大化の改新の年号も、アルタイル星の位置も、大人になってから一度も活用した覚えはありません。私はいつも答えに窮してしまっていたように思います。 目的が分からない過酷な労働をさせられること、これは人間にとって最も耐え難い責め苦の一つあると言われています。残酷な

9月の園だより「仲良しの秘訣」

夏休みが終わり心機一転、二学期の始業式を迎えました。 二学期からは数名の転入園児を迎え、一学期よりも少しだけにぎやかに保育を開始することが出来ています。 その中で、始業式に初登園した子が在園児ととても仲良く遊んでいる姿に、私は非常に驚かされました。 まるで今までもこの幼稚園に在籍していたかのように、とてもよく馴染んでいるのです。 よく様子を見ていると、すぐに仲良しになれた秘訣は、子どもたちのコミュ

学校法人舞鶴基督学園 幼保連携型認定こども園 朝日幼稚園

〒625-0036 京都府舞鶴市字浜796(六条朝日角)

TEL:0773-62-1874/0773-60-1987

FAX:0773-62-7033

Copyright © ASAHI KINDERGARTEN All rights reserved.