11月の園だより「大きく育てる秘訣」🌴

 現在、伝道館にある私の執務室には人の背丈よりも大きい木が7本生えています。より小さい植物もすべて合わせると、執務室はまるでジャングルのような景観になっているのですが、実はもともとこの植物たちは、100円ショップで買った手のひらサイズの苗でした。それが何年か育てているうちに、あるものは天井まで届き、あるものは枝を前後左右に広げ、

部屋の大半を占領するに至ったという次第です。


 このようにいうと、植物を育てるのが上手いと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。実は、植物には誰でも元気に育てることが出来る「育て方の秘訣」があるのです。その秘訣とはごく簡単なことで、「いつも目に入る場所に置く」というたった一つのことを守るだけなのです。


 いつも目に入る場所に置いておくと、自然と植物の小さな変化に気づきやすくなります。またわざわざ世話のためだけに移動したり道具を運んだりといった労力も減るので、必然的に世話がしやすくなるのです。要は「いつも目に入る場所に置く」という世話がしやすい環境さえ整えることが出来れば、植物はより元気に大きく育つという訳です。


 これと同じことが、子どもたちと保育者との関係についても、いうことが出来ると思います。保育をしやすい環境が整っていれば、先生方は子どもたちの小さな変化に気づくことが出来るし、また労力が減ることでより丁寧な保育をすることが出来るようになります。そのため、私どもの園では先生方の働きやすい環境づくりも、園運営の中で重要なポイントであると考えています。先生の頑張りに期待するのではなく、無理なく自然とよい保育が出来るような幼稚園をいつも目指しています。


📖聖句

「わたしの魂よ、主をたたえよ。」 詩編104編35節

最新記事

すべて表示

去る10月22日の土曜日、今年も無事に朝日幼稚園の運動会を開催することが出来ました。今年は何と第70回! どの競技もとても素敵でしたが、その中でも特に私が印象に残ったのは、ひつじ組さんの徒競争の一場面でした。 小さい子たちがどうしても体育館のトラックの真ん中を突っ切ってしまう様子を見て、お兄さんお姉さんの園児たちがコースに沿って人垣を作り、まっすぐ走れるように誘導してくれたのです。コースを守りなが

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、