10月の園だより「生き生きとした姿」✨

 日本で最も有名なアニメの一つである『サザエさん』について、「登場人物の表情がいつも一緒だ」と思ったことはないでしょうか。それもそのはず、サザエさんのアニメは毎週絵を新たに描き下ろすのではなく、すでにあるイラストをトレース(透かしてなぞること)した絵を組み合わせて描いているそうです。


 先日あるテレビ番組でこの話を知ったとき、私はずっと不思議に思っていた疑問が解決しました。以前から、「なぜサザエさんのアニメには、命がこもっていないのだろう」と思っていたのです。


 素敵な絵を描くコツは「生きた線を描く」ということです。漫画では生き生きとした線を描くために、あえて線の太さが変わる不安定なペンを使うことが多々あります。逆を言えば、生き生きとした線を描くためには、かたちの正確さは犠牲にしなければならないということでもあります。『サザエさん』の原作者である長谷川町子の絵は、大変荒っぽいタッチでありながら、実に生き生きしていました。逆にアニメ『サザエさん』の絵は、生命力よりも正確さを優先した、ということなのでしょう。


 今月は、私たちの幼稚園の運動会が企画されています。感染症に注意を払いつつ、子どもたちが楽しみながらも一生懸命練習を重ねて本番に挑みます。大人から見れば、ハラハラするようなことも多々あるかもしれません。「ウチの子だけよそ見をしている!」「あぁ、また失敗した…」目につくこと、気になることもあることでしょう。


 しかし大切なのは、整った演技をすることではなく、生き生きと練習の成果を発揮することなのです。今日はすごく楽しかった、またやりたい!と子どもたちが思えるような運動会にするためには、どれだけ整った演技が出来たかではなく、みんなが生き生きと過ごせたかを大事にするべきであると思います。


 コロナウイルスの影響によって、人数や種目に制限をかけなければいけない状況下での運動会です。しかしその中で、精いっぱい楽しむ子どもたちの姿を、分かち合うことが出来ればと願っています。


📖聖句

「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。」 詩編133編

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、