1月の園だより「注意して楽しむ」

 クリスマスから年始にかけて舞鶴では雪が降り、私たちは銀世界と雪遊びを楽しむことが出来ました。雪だるまを作ったり雪合戦をしたりと、冬らしい遊びが出来た豊かなひとときでしたが、東京では連日1000人以上の新型コロナ感染者が確認され緊急事態宣言が発出されるなど、舞鶴とは打って変わって日々加速度的に状況が悪化しています。


 都会の状況は、舞鶴で暮らす私たちにも無関係ではありません。離れて都会に住む家族の健康を案じる方、あるいは度々都会での務めを果たす責任のある方は、決して少数ではないでしょう。何よりも、舞鶴で感染拡大が生じるのも時間の問題かも知れません。遅かれ早かれ感染症はいずれ舞鶴の地の利を突破し、私たちのところにまでやってくるはずです。


 その時のために、今から「注意しつつ楽しむ」テクニックを身に着けることが出来ればと願っています。幸い、昨年の緊急事態宣言時とは変わり、だんだんと新型コロナへの対処の仕方も分かりつつあります。何もかもを闇雲に避けるのではなく、危険のみを見分けながら楽しむときは楽しむことは難しいことではないはずです。


 また、保育の観点に立つのであれば、自分で自分の身を守る、自分の身の回りの環境を整えることを学ぶのは、子どもたちが豊かな人生を送る上で、大変意義深いことでしょう。まだまだ油断できない状況が続いておりますが、その中でなお子どもたちの成長の機会を、注意深く拾い上げることが出来ればと願っています。

📖聖句

「主は恵み深く、慈しみはとこしえに」

詩編100編5節

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、