• 朝日幼稚園

1月の園だより「注意して楽しむ」

 クリスマスから年始にかけて舞鶴では雪が降り、私たちは銀世界と雪遊びを楽しむことが出来ました。雪だるまを作ったり雪合戦をしたりと、冬らしい遊びが出来た豊かなひとときでしたが、東京では連日1000人以上の新型コロナ感染者が確認され緊急事態宣言が発出されるなど、舞鶴とは打って変わって日々加速度的に状況が悪化しています。


 都会の状況は、舞鶴で暮らす私たちにも無関係ではありません。離れて都会に住む家族の健康を案じる方、あるいは度々都会での務めを果たす責任のある方は、決して少数ではないでしょう。何よりも、舞鶴で感染拡大が生じるのも時間の問題かも知れません。遅かれ早かれ感染症はいずれ舞鶴の地の利を突破し、私たちのところにまでやってくるはずです。


 その時のために、今から「注意しつつ楽しむ」テクニックを身に着けることが出来ればと願っています。幸い、昨年の緊急事態宣言時とは変わり、だんだんと新型コロナへの対処の仕方も分かりつつあります。何もかもを闇雲に避けるのではなく、危険のみを見分けながら楽しむときは楽しむことは難しいことではないはずです。


 また、保育の観点に立つのであれば、自分で自分の身を守る、自分の身の回りの環境を整えることを学ぶのは、子どもたちが豊かな人生を送る上で、大変意義深いことでしょう。まだまだ油断できない状況が続いておりますが、その中でなお子どもたちの成長の機会を、注意深く拾い上げることが出来ればと願っています。

📖聖句

「主は恵み深く、慈しみはとこしえに」

詩編100編5節

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月の園だより「分かち合う関係」🍰

おおい町にある「若州一滴文庫」に行った時のこと。創設者である作家の水上勉が、自身の幼少期の思い出を語っている映像を見る機会がありました。水上氏曰く、「自分は極貧の家に育ったので、食事は一匹の魚を家族で分け合って食べた。兄弟が5人もいたのでいつも不満だったけれど、今思い出してみると母は何も食べていなかった……。」遠くを見つめる水上氏の目は、子どもを優先する母の愛の大きさをなぞっているかのようでした。

6月の園だより「小さなおみやげ」🌱

春も終わりに近づき、植物が一番元気になる季節がやってきました。私の家では春先に植えた藤の種がやっと芽吹き、初々しい小さな葉っぱを広げています。小さな命が健やかに育ってゆく様子を見うるのは、本当に幸せなことだと思います。 実はこの種は、私が休日にある公園に遊びに行ったとき、駐車場に生えていた野生の藤から拾ったものです。パシッ!バラバラ……という音がするのでびっくりして顔を上げてみると、頭上から次々と

5月の園だより「コロナ」😷

去る4月25日、三度目の緊急事態宣言が発出され、京都府に属する舞鶴市も対象地域になりました。私たちは再度不自由な生活を強いられていますが、その中でやはり気になるのは子どもたちのことです。 私は以前からマスク着用が子どもたちの発達に影響があるのではないかと懸念していたのですが、やはり最近になって「マスク着用による子どもの発達への影響」が指摘されるようになってきました。脳科学者や教育学者によれば、子ど