1月の園だより「去年の抱負、覚えていますか?」🌅

 新年を迎え、2022年がスタートいたしました。昨年は感染症の影響で生活に様々な変化があった年でしたが、その分を取り返す意味でも、今年は有意義に過ごしたいと思っておられる方も多いのではないでしょうか。その中で、今まさに「新年の抱負」を熟考なさっている最中かも知れませんが……みなさん、昨年の「新年の抱負」が何だったか、覚えていますか?


 昨年末にbondavi株式会社が行ったアンケートによると、2021年末の「今年 (2021年) の “新年の抱負” は達成できましたか?」という質問に対し、「達成できた」と答えたのはわずか19%、そればかりか42%の人は「そもそも覚えていない」と答えたというのです。今まさに新しい年を有意義に過ごそうと意気込んでいる私たちには、少しやる気が削がれるような話に聞こえるかもしれません。


 しかし実は、ほとんどの人が「新年の抱負」の達成に失敗したり、忘れたりしてしまうのには理由があります。それは、得てして私たちは「楽しむこと」よりも「頑張ること」を目標にしてしまいがち、ということです。


 「新年の抱負」を達成できなかったと答えた人たちの目標には、一つの傾向がみられました。それは、「1日3時間勉強する」や「10キロ痩せる」など、努力や忍耐を必要とする目標が多かったのです。これに対し、「達成できた」と答えた人たちの目標は、「笑顔で過ごす」や「適度に頑張る」など、より快適に生きるための目標が多く見受けられました。つまり、私たちは頑張って人生のレベルアップを目指すよりも、ゆるく楽しい目標を志した方が、結果的には前進できるということなのです。


 新たに始まった2022年、私たちが気楽に楽しく過ごすことが出来るように、神さまの恵みと祝福をお祈りしています。


📖聖句

「新しい歌を主に向かって歌え。全地よ、主に向かって歌え。」

詩編96編1節

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、