1月の園だより「去年の抱負、覚えていますか?」🌅

 新年を迎え、2022年がスタートいたしました。昨年は感染症の影響で生活に様々な変化があった年でしたが、その分を取り返す意味でも、今年は有意義に過ごしたいと思っておられる方も多いのではないでしょうか。その中で、今まさに「新年の抱負」を熟考なさっている最中かも知れませんが……みなさん、昨年の「新年の抱負」が何だったか、覚えていますか?


 昨年末にbondavi株式会社が行ったアンケートによると、2021年末の「今年 (2021年) の “新年の抱負” は達成できましたか?」という質問に対し、「達成できた」と答えたのはわずか19%、そればかりか42%の人は「そもそも覚えていない」と答えたというのです。今まさに新しい年を有意義に過ごそうと意気込んでいる私たちには、少しやる気が削がれるような話に聞こえるかもしれません。


 しかし実は、ほとんどの人が「新年の抱負」の達成に失敗したり、忘れたりしてしまうのには理由があります。それは、得てして私たちは「楽しむこと」よりも「頑張ること」を目標にしてしまいがち、ということです。


 「新年の抱負」を達成できなかったと答えた人たちの目標には、一つの傾向がみられました。それは、「1日3時間勉強する」や「10キロ痩せる」など、努力や忍耐を必要とする目標が多かったのです。これに対し、「達成できた」と答えた人たちの目標は、「笑顔で過ごす」や「適度に頑張る」など、より快適に生きるための目標が多く見受けられました。つまり、私たちは頑張って人生のレベルアップを目指すよりも、ゆるく楽しい目標を志した方が、結果的には前進できるということなのです。


 新たに始まった2022年、私たちが気楽に楽しく過ごすことが出来るように、神さまの恵みと祝福をお祈りしています。


📖聖句

「新しい歌を主に向かって歌え。全地よ、主に向かって歌え。」

詩編96編1節

最新記事

すべて表示

入園児の保護者のみなさま、ご入園おめでとうございます。また在園児の保護者のみなさま、ご進級おめでとうございます。春は新しい節目を迎える中で、子どもたちの成長に目を向ける季節です。この機会に制服を買いそろえるとき、あるいは上履きを買い替えたり、小さくなったクレヨンを買いなおすとき、私たちは子どもたちの成長の早さ、また過ごしてきた時間の密度の濃さに驚かされます。 成長は見える部分だけではありません。入