ほっとハウスさんにおじゃましました。

2月15日(月) ほっとハウスさんの『ほっと交流会~教えて!入園準備のコト~』

に、園長・主任先生・事務担当が参加させていただきました。


ほっとハウスさんとは、同じ地域の中で子育て支援の活動をするものどおし、昨年から一緒にイベントをするなど、交流を深めています。


最初に園長と主任先生が特技のウクレレで子ども達のハートをつかみます。


手作りのマラカスを持って、子ども達と合奏。アンパンマンマーチなら、みんな知ってるね!


音楽で和んだあと交流会スタート。


幼稚園・保育園・認定こども園…舞鶴市内でも認定こども園が増えてきましたが、その違いって何?

子育て支援制度って何?


それぞれの違いを、絵の得意な園長が説明しました。


認定こども園は、幼稚園、保育所のそれぞれの利点を併せもった教育保育機関です。


それぞれのご家庭の教育方針や生活スタイルに合わせて、そのお子さん・ご家庭に一番いい選択ができるように、私たちも情報発信・サポートができたらいいなと思っています。


制度的な質問のほかにも、

「入園前にトイレトレーニングは済ませないといけないのか?(大丈夫です。園とご家庭と で協力しながらすすめていきましょう。)」

「お弁当の量はどのくらい?(はじめはご家庭で食べている量を、全部きれいに食べられる満足感を大切にしましょうね。)」

「水筒はどんなものがいいのか?(園外によく行くのでひも付きがいいですね)」

 といった、より身近な質問もありました。


 私たちも保護者の方が何を不安に感じて、どんなことを知りたいのか、それを知ることができ、とてもよい交流の場を与えていただきました。


 これからも不安な事、わからないことがあれば、いつでも園にお尋ねくださいね。



閲覧数:162回

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、