• 朝日幼稚園2

おひさまひろば 音楽療法

6月30日(水)のおひさまひろばは『音楽療法』


《音楽療法ってなに??》 

『音楽療法』とは、音楽の持つ特性・効果を活かして心身の能力を向上させたり、行動に良い変化をもたらすことを目的とするものです。

 おひさまひろばでは、日本音楽療法学会認定の、経験豊富な音楽療法士の先生方に指導をしていただきます。


《なんだかむずかしそう?》

 いえいえ、音楽に合わせてみんなで歌をうたったり、リズムをとったり、おもしろい楽器に触れたり…音のある空間を楽しんでもらうことを一番だいじにしています。


《うちの子小さいし、寝ちゃうかも…》

 どうぞすてきなピアノの音色の中で、おやすみください。(お昼寝スペースあります)

 環境を共有するだけでも、とてもよい刺激になっています。

 眠っていても、ちゃんと聞こえていて、お家で口ずさんだりすることもあるそうです。



それでは、音楽療法スタートです!

まずは、先生とごあいさつ。『おはよ♪ おはよ♪ せんせいとおはよ♪』

手と手で『トントンパっ』のリズムをつけます。



小さな初めてのお子さんも、上手にごあいさつ。


ごあいさつの後は、『お名前はなんですか?』

お名前を呼ばれたら、元気にハーイといいます。

家族のひと以外から、お名前を呼ばれるのは、少しドキドキして嬉しい経験です。


『♪とんとんとんとん ひげじいさん』に合わせて手遊び。


今度は少しむずかしい、『♪いっぴきのネズミ』に合わせて手遊び。

1の指、2の指、小さな指でちょうせんします。


今度はおいしそうなフルーツのマラカスが登場!

「すきなものを1つ選んでね」


おうちでは全部自分のもの。でも集団の場では、みんなで仲良く使います。

たいせつな経験ですね。


みんなが好きな『♪アイアイ』に合わせて、シャカシャカ、シャカシャカ♪


『♪わにのかぞく』


さいごに先生とさようならをして、終了。

初めてのお子さんも多かったのに、みんなよくがんばりました。


音楽療法は繰り返しです。できなくても全然大丈夫! まず音楽のある環境に慣れて、お母さんと楽しく手遊びすることから、始めてください。


すぐに歌も覚えて、おうちでこっそりやっていたりしますよ。



55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示