おひさまひろば 秋の壁飾り作り

11月17日(水)のおひさまひろばは『秋の壁飾り作り』

シールやテープ、おはながみを使って、壁飾りを作りました。


おひさまひろばでは、最初に外遊びをします。静の活動(製作など)をする前にしっかり体を動かして集中力を高めます。


お母さんにお料理を作ってくれています。


外遊びの後、今度はお部屋でお母さんとつながり歌遊び。

『だるまさん♪』お母さんのおひざでだるまさんになって、ゴロンゴロン。

お母さんのぬくもりが気持ちいい子ども達たち。


『きゅうりができた♪』お子さんがきゅうりになって、お母さんがいたずりにしたり、きゅうりもみにしたり…全身で触れ合います。


しっかり体を動かした後、製作タイムです。

いちょうやきのこなど秋の素材を使います。真ん中にはお子さんの写真を貼ります。


最初にきのこに模様をつけます。シール貼りは大得意の子どもたち。


先生のお話をよく聞ける子どもたち。



同じ色をいっぱい貼る子、いろんな色を使う子‥‥個性が光ります。


「ぼくもテープ貼る!」お母さんがしていることを積極的にしたいと思う子どもたち。



外遊びの時に撮った写真を、真ん中に貼りました。かわいいね。


写真を貼った紙皿のまわりにおはながみをくしゅくしゅとして飾り付けていきます。


完成! 世界に一つの壁飾りです。


最後に先生による絵本の読み聞かせ。『おだんごぱん』

先生が小さいころにお母さんに読み聞かせをしてもらった思い出の絵本。

みんなもきっと、大人になっても覚えている絵本に出会えると思います。

いっぱい読み聞かせをしてあげてくださいね。


閲覧数:54回