「幼保連携型認定こども園」に移行しました

朝日幼稚園は令和2年4月1日から、幼保連携型認定こども園に移行しました。

認定こども園とは、幼稚園の『教育』と保育所の『保育』の両方の機能を併せ持った施設です。

保護者がお仕事をしていても、質の高い、きめ細やかな教育・保育を受けることができます。


食育・英語(専門講師による指導)・音楽療法(幼児の発達等に精通した音楽療法士が指導)・木工教室(大工さんによる指導:本物ののこぎりや金づちを使い、作品を作ります)・園外活動(路線バスに乗車してグリーンスポーツセンターや公園に行ったり、よく身体を動かします)これらの様々な体験を通して、子どもの持っている力をいっぱい伸ばしていきます。


縦割り保育(異年齢保育)等の機会もあり、幅広い年齢層の子ども達と交流しあい、協調性や社会性を高めていきます。


1号認定(就労等されていない方)は、直接幼稚園へ入園の申込をしてください。

2号認定(就労等されている方)は、市役所幼稚園保育所課が窓口になります。

※保育時間等の詳細は、資料をお渡ししますので、まずお電話ください。(62-1874)

最新記事

すべて表示

夏休みも終わり、新学期が始まりました。夏の暑さも少し和らぎ、秋が近づきつつあることを実感する毎日です。 さて、お気づきの方も多いかと思いますが、一学期から夏休み中にかけて当園では保育環境の整備を進めてまいりました。まず、ピロティの外遊び用ラックを新調し、次に園庭の柵が新しくなり、現在保育室の床面と照明の工事が終わろうとしているところです。 ピロティのラックは子どもたちの安全を考慮した木製のもので、

朝日幼稚園では毎週月曜日と水曜日に全園児が集まって礼拝をする合同礼拝をおこなっており、今学期は7月27日の水曜日が夏休み前最後の合同礼拝でした。その中で、私は各クラスの担任の先生方に「この1学期、ぞれぞれのクラスの子どもたちのどんなところが素敵でしたか?」という質問をいたしました。 ばら組さんは「大きな声でお歌を歌えたこと」、すみれ組さんは「困っているお友だちを助けられたこと」、たんぽぽ組さんは「

短い梅雨が終わり、早くも本格的な夏が始まりました。涼しい気候が続いた去年とは打って変わって、今年は酷暑とゲリラ豪雨の夏になりそうな予感がしています。 しかし、夏は大人にとってはつらく苦しいものですが、子どもたちにとっては楽しみがたくさん詰まった季節に他なりません。お散歩に行けばたくさんの虫や生き物と出会い、園庭のトマトも日々大きくなり、7月からはピロティにプールが設置されます。子どもたちにすれば、